沖縄で老眼の人が少ない理由 目にいい紅芋サプリとは

沖縄で老眼の人が少ない理由 目にいい紅芋サプリとは

沖縄では老眼の人が少ないんですね。
おまけに長寿…

 

40過ぎて近くのものがぼやけて見えるようになってから、急に「老眼」とか「かすみ目」という話題に敏感になってきました。

 

スーパーで手に取った商品の「産地」や「成分」を見ようと思っても、ぼやけて見えるで困ります。

 

老眼は目のピントの調節機能が衰えて、焦点をあわせられなくなるために起こる現象ですよね。

 

たまたま深夜にやっていたテレビで、
「沖縄の人は老眼が少ない」
というフレーズが耳に入りました。

 

 

沖縄の人はなぜ老眼の人が少ないのでしょうか?

その秘密は沖縄の人が日常的に食べる食品「紅芋(べにいも)」にあるのだとか。

 

紅芋は目にいい成分、アントシアニンをブルーベリーの4倍以上含む食品。

 

沖縄,一望百景,老眼,くっきり,紅芋

 

アントシアニンの紫色の物質は、視覚機能を改善するだけでなく、最近では緑内障の進行抑制の臨床実験が行なわれているほど期待されている成分です。

 

アントシアニンを多く含む食品は、ブルーベリーやブドウ、カシスなどいろいろありますが、紅いもの含有量は圧倒的ですよね!

 

ブルーベリーというと、一部の国産を除いて、ほとんどが外国産…国内産野菜のなかにこれほど「目にいい」食材があったなんて驚きです。

 

国産素材の安心感

ただ、沖縄の人たちのように毎日紅芋を食べるのはちょっと大変…

 

だからといって外国産のブルーベリーサプリはなんだかイヤ…

 

そんな時に見つけたのが、沖縄産紅芋、もずくなどの素材を使っているマイケアの「一望百景」です。

 

沖縄,一望百景,老眼,くっきり,紅芋

 

沖縄県産の素材を使っているところに惹かれました。やはり国産は安心感が違います。

 

感覚的な感想ですが、私の場合、飲み始めて結構すぐから効果を感じ始めましたね。かすんで見えていた文字がハッキリ見えるようになってきて、ちょっと驚きました。

 

アントシアニンの成分は失われやすいので、継続して摂取するにはやはりサプリメントのようなカタチが最適かなと思います。

 

『一望百景』公式サイトはコチラ